間近に西武線♪お食事列車を激写!!at椎名町某所

皆さんこんにちは。お久しぶりです。関東甲信越が梅雨入りしましたね。基本的にジメジメとか暑いのが苦手な特派員4号は、この時期から徐々に引きこもりの生活に入ります。それもこれも椎名町を愛するがゆえ、、ということにしておいてください。

今回は、自称椎名町ラブの私が西武線を堪能できるお気に入りスポットをご紹介します。
すでにご存知の方も多いと思いますが、西武鉄道では、優雅な空間と時間を楽しむことのできる全席レストラン車両の観光電車、西武旅するレストラン「52席の至福」を4月17日から運行開始しました。凄く好評らしく、予約サイトを見ても満席が続いてます。特派員4号のことだから早速予約したのか?そう思われた読者のみなさん、それは早計です。子どもでも容赦なく大人料金を取られるということ、周りが優雅な時間を楽しんでいる中に子連れで邪魔はできない、そもそも予算がないという諸々の事情で今後も乗る予定は未定ですが、乗り鉄でミーハーな私にだって意地があります。自宅から徒歩数分のところにある、抜群のロケーションへお食事列車(の外観)を見に行ってきました。

FullSizeRender-6

FullSizeRender-8

ジャン!名付けて『線路脇』です(そのままのネーミング!!)。日陰がないので直射日光にさらされ、優雅な気分に浸るどころではないですが、ここは交通量が少なく西武線を目の前で堪能できるオススメのスポットです。上りの各駅電車は減速が始まり、車掌さんが窓から顔を出している時もありまして10回に数回は手を振ると振り返してくれる幸運に恵まれます。特急電車のレッドアローは汽笛を鳴らしてくれたこともあったっけなあ。
そんな事を思い出しながら、お食事列車が通過する時間に合わせて線路脇にやって参りました。しかし、なかなか来ません。と思ったら滅多にお目にかかれないレッドラッキートレインが通過しました^^レッドラッキートレインとはなんぞやと思われた読者の方へご説明します。京急電鉄に話が少し逸れますが、赤色がトレードマークの京急電鉄で数年前より運行している、1本限定の〝幸せの黄色い電車〟イエローハッピートレインをご存知でしょうか。運良く乗れたら幸せに!と話題になったこの同車は、黄色の車体に銀色のドアという色使いから、我が西武鉄道の黄色い西武電車に似ているという意味でも話題となりました。そこで京急電鉄が西武鉄道にコラボのラブコールをし、西武線の車両にも1本のみ紅白のカラー電車が走る事と相成った経緯があります。運行時刻、ダイヤ、運行区間は日によって変わるそうで、まさに見られたらラッキーのこの一本!お食事電車ついでに見られたらなあなんて思っていたら見られました。幸先が良いです。と思ったらお食事電車が見えてきました。4両編成で、内装は車両ごとにデザインが全く違うそうですが線路脇からはただのラッピング電車にしか見えません。しかもいつもと違う外観に気を取られて中の様子まで窺い知る事が出来ませんでした(泪)。くー。ですが、いつもの線路脇で電車をたくさん見る事が出来、ご機嫌の特派員4号とその息子でありました。遠出をしたくてもできない時、遠出した気になりたい時は是非この線路脇へお出かけください。

FullSizeRender-9

居ながらにして旅行した気になれる町、椎名町でした。

おしまい
【線路脇】
所在地:東京都豊島区長崎2丁目3番地付近

IMG_7494